さて、待望のパピヨンの子犬が到着しました!
でもまだ赤ちゃんなので、何もわからない状態です。
まず第一にトイレで排泄する事を教えてあげてください。

一日も早くトイレで排泄できるように、しつけの方法と成功のための 秘訣について、いくつか重要なポイントをお教えいたします。
わかりやすいように順を追って説明しますのでご覧くださいね
 

◆子犬を迎える前に、まず子犬専用のサークルを用意します。
サークルの半分にトイレシーツを敷き、残り半分を寝床と遊び場にして子犬専用のスペースを用意しておきます。
しつけの点から、最初はサークルで過ごさせてあげて下さい。
いきなり室内で自由にしてしまうと間違いなくあちこちでおもらしします。
かわいそうですが、しばらくはサークルに入れておいたほうが良いです。
でも決してサークルに入れっぱなしにしろということではありませんので 誤解しないでください。

子犬のストレス解消と家族に慣れさせる意味からも サークルから出して遊ばせてあげる事は必要ですが飼い主がタイミングと時間を決めて遊ばせるようにしてください。
サークルが狭すぎるとうまく排泄できませんので最低でも60×90cm以上のものを用意してください。
(この数字は幅と奥行きで、高さではありませんので間違えないように してください。)

 

 

◆子犬が到着したら、まず最初に用意しておいたサークルに子犬を入れます。
迎え入れた当日は子犬も疲れていますので、ゆっくり休ませてあげましょう

 

  ◆子犬の体調が良いのを確認してトイレトレーニングを開始しましょう。
子犬が起きた時や食事の後などに排泄をすると思いますのでよく様子を観察していて、オシッコとウンチをするのを見届けてください。

◆サークルの中のトイレでおしっことうんちをしたら誉めてあげて しばらくサークルの外で遊ばせてあげてください。(30分ぐらい)
サークルから出すときは、サークルの扉を開けておいて自分の意思でトイレに行けるようにしておいてくださいね。

◆20〜30分たったら再びサークルに入れてトイレをさせます。
なかなか排泄しないようでしたら、いったんサークルの扉を閉めてするまでサークルにいれておきます。
(疲れて寝てしまうようでしたらこのまま入れておいてもかまいません。)

 

  ◆サークル内のトイレでうまくおしっこやうんちが出来たらうんと誉めてあげて、サークルから出して遊ばせてあげます。
もし引き続き子犬の様子を観察する時間がないときはこのままサークルに入れておいてもかまいません。あとから時間に余裕のあるときにでも遊ばせてあげれば良いと思います。

自由に遊ばせているときはとにかくおもらししやすいので 部屋の中に数箇所トイレシーツをおくと失敗しにくいです。
なるべく部屋の四隅や、出入り口の前が良いです。

 

  失敗してから叱るのではなく、なるべく成功しやすいように工夫してあげて、ほめて躾けたほうがうまくいくと思います。
あまり長時間出しっぱなしにしておくと、あちこちにお漏らしすると思いますので、このように20〜30分おきにサークルに戻しておしっこやうんちをするように促してあげてください。

◆以上のことを繰り返しつつ、常に犬の様子をよく観察してトイレで排泄しているときにほめてあげるようにします。
とにかくオーバーなくらい誉めてください
おしっこやうんちをしている時に「オシッコ!オシッコ!」、「ウンチ!ウンチ!」と声に出していって言葉と行動を結び付けて教えてあげるとよいです。うまくできたら「オシッコオシッコ出来たね、おりこうね、良い子、良い子!」
といって誉めてあげるとトイレでおしっこ→誉められる→嬉しい→またトイレでするという図式が犬の頭の中にインプットされます。
うまくしつけられれば、「オシッコオシッコ」と指示するとちゃんとおしっこをするようになります。
サークル外のトイレシートで排泄できたときも忘れずに 誉めてあげてください。

 

  ◆これを繰り返すうちにそのうちトイレシートの上でしか排泄しなくなると思います。
(ここまでおおよその目安としては1ヶ月程度かかります)

◆頃合を見て何ヶ所かあるトイレシートの中でもあまり使われていない場所のものは1箇所ずつ撤去して行きます。
(おおよその目安としては6ヶ月程度かかります)

◆しばらくして、トイレが完全に出来るようになったらサークルは使わなくても良いと思いますし、トイレも1箇所でOKです。

 

  覚える速さはかなり個体差がありますがどの子も必ずできるようになりますのであきらめないで頑張ってください。
そしてトイレのしつけさえしっかりしておけば、6〜8ヶ月になってマーキングが始まった時もトイレの形を工夫してあげればきちんと対応できると思います。
家具などにかけそうになった時は 「イケナイ!」といってやめさせるようにしたら、オシッコをかけてまわることはなくなると思います。

子犬が1日も早く自由にお部屋で遊べる様に頑張ってしつけてあげてくださいね。

copyright(c)2003 fancy free allright reserved