FF DIARY
 
 
15 (Tue) Jun 2021 [no.47]
 
 
ボブくん天に召されました

1ヵ月ほど前から下痢気味だったボブくん

通常の下痢止めではなかなか反応せず
ステロイドを処方してようやくお腹の調子が落ち着いてきました

食欲も落ち気味だったので
缶詰をあげたりしておりまして
何とか食べてはいたのですが
痩せてきたのが気になっておりまして
でも
お腹の調子も治りつつあったので
ステロイド減薬が終わったら
病院で検査していただこうと思った矢先
明け方にふらふらと倒れてしまいました

これは脱水している!と思い
カテーテルで水分とミネラルを強制的に補給し
低体温にもなっていたので体温を上げていきましたら
ほどなく意識を回復し
幸い嘔吐はなかったので
カテーテルで流動食を強制的に給餌
小康状態を保ちつつ
朝1番に病院に運びました

血液検査していただいたら
脱水ではなく低血糖とのことで
半日預けて点滴していただくことになりました
詳しく調べるために血液を検査センターに送りまして
夕刻一旦迎えに行きました

そしたら
その帰りの車の中でボブくん痙攣を起こしてしまいました

半日点滴していたので低血糖は改善されているはずだから
家に戻ってとにかくステロイド投薬しようと思い
加えて
ワクチン接種の子犬ちゃんたちも乗せていたのがかなり車酔いしてひどい状態だったので、とにかく家に急ぎました

家の門をくぐった途端にボブくん鳴き声を上げまして、
急いで室内に運んで、カテーテルでブドウ糖液を胃に入れたのですが
残念ながら間に合わず
投薬するまもなくて
そのまま天に召されました

詳しい血液検査の結果はまだわかりませんが
簡単な検査では血糖値が低いので低血糖、でもそもそもの原因は膵炎からではないかとの事でした
ステロイドの投薬は既にしていたので
その量を増やすように言われたのですが
間に合わず
もう少し早く病院に運んでいれば
もっと違った結果になっていたかもと思うと悔やまれてなりません

先ほど霊園に電話したら
本日は予定がいっぱいとのことで
明日の火葬を予約しました

突然のことで本当に驚いております
こんなに急変するとは思っておりませんでした
点滴の効果はなかったのでしょうか?
それとも病院まで遠くて片道1時間というのが思った以上に負担になったのでしょうか?
残念でなりませんが
明日送ってこようと思います
 
 
DELETE >