FF DIARY
 
 
10 (Fri) May 2019 [no.71]
 
 
鞍ちゃん

とても悲しいお知らせです
チワワの鞍ちゃんが亡くなりました
前日まで元気で、普通にしていたのですが
夕方ちょっと吐いた跡があって
でもそこまで具合が悪いような感じでもなかったので
暖かくして早めに休ませて様子を見ていたのですか
明け方見たときにはもう息をしておらず
もう本当になぜ?と言う感じで
ショックで何も考えられません

我が家のドッグランは下が土なので
枯れ枝やら葉っぱやらをよく咥えて遊んで食べちゃったりもするのですが
この日も前日も、室内遊びだけでお外遊びはしていなかったんですよ
他には、食べて具合が悪いくなるようなもの、例えば破壊されやすいようなおもちゃ等も思い当たらないし
体に害ののある洗剤や消毒薬なども使ってないし
あとまぁ考えられるとしたら、敷物に使っているタオルなんだけど、食いちぎられたような跡もないし…

ふと思い当たったのは
我が家から客様のところに行ったパピヨンで
6歳と言う若さで急死した子がいるのですが
その子が、嘔吐した後に気を失うように倒れてそのままなくなってしまったことがあって、動物病院の見立てでは、嘔吐した後に脳圧の変化でそういうことが時折起こるらしいです
鞍ちゃんの場合がそうだったのかは分かりませんが、とにかく今となってはどうしようもなく
ただただ残念で悲しいばかりです
そういえば
最近立て続けに社員さんが亡くなっております
原因は皆違うのですが
あまりこういうことが続くと
ちょっとお祓いにでも行ったほうがいいのかななどと考えてしまいます

鞍ちゃん、2018年10月23日生まれ
生後6ヶ月の素直で可愛い子でした
お写真を探したのですが
なぜだかほとんど写真が残っておらず
やっと見つけたのがこれです
顔立ちは私が理想としていたものにほぼ近く
少し胴が長いところがあったのですが
それでも関節が強くて、足の角度や太さなども
今までにない良い出来だったので
来週の埼玉でのドッグショーにも出せるかも?とか
台の上に乗せていろいろポーズをとらせながら考えていたのですが
まさかこんなことになるとは思ってもいませんでした
ただただ、戻ってきて欲しい!と思うだけですが
本当に虚しいばかりです

福岡で最後に生まれた子犬ちゃんでしたから
パピヨンの福ちゃんとともに
福岡と、鞍手の名前から一文字取って
お名前つけましたが
奇しくも
福ちゃんも、埼玉のお友達ブリーダーさんの下に行くことになり
我が家から
福岡と鞍手の名前が消えてしまいました

鞍ちゃん、いまあなたのお母さんのうりこさんが
ドンペリパパとの子供を宿してるから
急いでお腹の中に入りなさい!と
声をかけてもみたけれど
多分いくら似ていたとしても生まれてくる子供はまた違う個性があるので
あまりそういうことをしてもいけないのかな?などと
思い悩むばかりです

鞍ちゃん安らかに眠ってください

 
 
DELETE >