FF DIARY
 
 
6 (Wed) Mar 2019 [no.34]
 
 
長い犬旅ようやくおわりました、皆さまありがとうございました

昨日は名古屋の実家でゆっくり休みまして
美味しい朝ごはんいただきました
何もしなくても朝ご飯が出てくるのって最高ですね
これぞ実家ならではのお楽しみです
お天気もまずまずだったので
朝の犬だしも順調に終わりまして
それでも全部終わると11時過ぎで
最後にコーヒーだけいただいて
姉の作ってくれたおにぎり弁当を持って
名古屋の実家を後にしました
お世話になりました
また遊びにきますね

高速に乗ろうと思っていた矢先に
携帯電話が鳴りまして
以前我が家からパピヨンお迎えたオーナー様からです
もしかして…と思い電話をとると
やはり思った通り、亡くなりましたと言う訃報のお知らせでした
いつも年賀状をいただいたりして、近況お知らせしていただいておりましたが
数年前から薬の服用が必要になった事で
気にかかっておりましたが
それから
オーナー様の管理の甲斐もあってか
よく頑張ってくれたようで
13歳で天使ちゃんになったそうです
左衛門ちゃん地上での可愛いお仕事ご苦労様でした
13歳、少し早いかなとも思いますが
それでもなくなる寸前まで元気でいてくれたそうです
オーナーさま、本当にありがとうございました
千葉に引っ越したこともあって今後はご近所さんになりますのでぜひまた遊びにきてくださいね

ひとしきりお話をした後
また気を取り直して車を走らせ
高速に乗り
湾岸線から東名に入ります
浜松サービスエリアまで来たところで
一旦トイレ休憩に立ち寄りましたが
ふと見るとすごくきれいな人工芝のドッグランが
2面もあります
一面はラブラドゥードルや中型犬が数頭いましたが
もう一つの小さいドッグランに行くには誰もおりません
せっかくだから使い勝手を試してみようと思い
でもさすがに全員を遊ばせるには時間も足りなくて
代表でつぶさんとマイクさんを遊ばせました
2頭とも私のペットなので
どうしてもこんな時にえこひいきしてしまうのですが
本当に社員の皆様ごめんなさい…と言う感じです(笑
使い勝手は最高で、ドアも開けやすく閉めやすい
何より人工芝なので
芝や草を犬たちが食べる心配もなく
水はけもよく
これは我が家のドッグラン改造のヒントになるなと思いました
あまり道草もしていられませんので
早々に切り上げまして
また一路千葉に向かって走ります
快晴とは言えませんでしたが
結構晴れておりましたので
もしかしたら?と思っていましたら
見えました!富士山です!
今まで、引っ越しの時は雨で
今回の旅の行き道は夜で
どちらも見れずじまいでしたが
ようやく今回は富士山の姿を見ることができました山の影が見えて来まして
裾野に近づくにつれだんだん大きくなりまして
今まで、引っ越しの時は雨で
今回の旅の行き道は夜で
どちらも見れずじまいでしたが今回は願い叶って道の彼方に富士山の影が見えてきまして
最初は小さく見えただけですが裾野に近づくにつれだんだん大きくなりまして
最後は
左手に雄大な富士を見ながら
その裾野を走り抜けると言う
なんとも気持ちの良いドライブでした
とは言え高速道路走行中ですので
あまりよそ見をするわけにもいかず
チラ見しながらなのですが
まあまあ楽しむことができました

さて
その後も順調に進みまして
行きと同様に横浜のお友達のところに立ち寄るのですが
横浜到着の折にはすっかり暗くなってしまっていて
さすがに晩御飯の時間にもなってしまうし
私も帰りが遅くなってしまうので
お土産の一蘭のラーメンをお渡しして
また来るね!と言うことでおいとますることにしました

千葉の家に到着したのはもう8時を過ぎていたと思いますが
そこからまた
行きと同じ位時間をかけてわんこさん達を部屋に戻しまして
ご飯を食べさせて
休ませるとやっぱりもう12時過ぎ
私も疲れましたが
ワンコの皆さんもずっと車に乗りっぱなしで疲れたことと思います
今日はゆっくり休んで
明日またお庭でたくさん遊びましょうね


27日水曜日に家を出発し
帰り着いたのが3月6日ですので
7泊8日の犬連れ旅でした
大変でしたけどとても楽しかったです
次はいつ行けるでしょうか?

もう懲りた?って誰かに聞かれましたが
いやあ楽しかったので… (笑
ということで
多分また行くでしょう

ただ
少し頭数が多いな…と感じましたので
次回はもう少し数を減らして
例えば
子犬や老犬は預かってもらって
そうですねあと10頭ぐらい減らせば
もう少し
犬も人も快適な旅ができたと思います
この点は反省点ですね

それも含めまして概ね楽しい旅でした

お写真は帰り道で
関門大橋から見た夕日です
 
 
DELETE >