女の子はパピヨン特有の性格に加え男の子よりは自立心が旺盛なことが多く、お産をさせるとこの傾向は強まります。
2kg以上の体格の子であれば子供を生ませ子孫を残すことが可能です。
毛吹きは男の子より見栄えがしない場合が多いです。

体格は2.5kg前後で男の子よりは骨格的に華奢ですが、やや太りやすい傾向にあります。
おしっこは普段は座ってするので飛び散ったりすることはありません。中には足を上げてオシッコを掛ける女の子もいますが男の子のように横向きには飛びません。

年に2回ほど発情期間がありその間出血があり部屋の床を汚すことがありますのでこの期間のケアや無計画な妊娠を防ぐ配慮が必要です。
この時期に男の子が接触(マウンティング)すると妊娠する可能性がありますのでこれを防ぐためにはその間の接触を無くすか避妊手術するのが一番です。

避妊は開腹手術が必要なため男の子より手間と費用がかかり、犬にとっての負担も大きいです。
インプラントの避妊方法もありますが、ここでは詳しくお知らせいたしませんのでかかりつけの獣医師にご相談ください。

また発情中は男の子のように匂い付けのためにおしっこをあちこちにかけて回ったりします。

copyright(c)2003 fancy free allright reserved