パピヨンの魅力を一言で言い表しますと『小悪魔的な魅力を持った天使』だと思います。
同じパピヨンでも1頭ずつ性格も違いますので、すでにパピヨンを飼われているかたには『うちのパピヨンはこんなじゃありません!』と異論を唱える部分もあるかと思います。
ここでは私が今までパピヨンを飼ってきて感じたことを中心に、なるべく私情をはさまないように書かせていただきました。

あくまでも『私の目から見たパピヨンについて』です。
雑誌などに紹介されているパピヨンの性格や特徴についてご覧になった方も多いと思います。
なかにはきちんと長所短所を記載してあるものもありますが、そのほとんどが良いことしか書かれておりません。
パピヨンは見た目のとても美しい犬ですし、流行にのってパピヨンをよく知らないで飼われる方も多いと思います。

私はこの歴史ある愛玩犬、天使と悪魔の魅力を併せ持ったパピヨンが大好きで永年繁殖してまいりました。
しかしパピヨンとて長所ばかりというわけではなく短所もありますので、それをきちんと理解したうえで飼わないと大変なことになる場合もあるのです。
もちろんファンシーフリーのパピヨンを飼われるお客様には事前に充分にご説明し、しつけ間違いや身体的なトラブルの無いように努めてきましたが、一人一人にご説明差し上げるのではやはり足りない部分が出てまいります。

HPの質問箱に寄せられたパピヨンの飼い主さんの悩みは、その多くが注意して飼えば防ぐことの出来るものでした。
このように知らないでいてあとから後悔することのないように、パピヨンの長所、短所、飼う上での注意点などについて説明させていただきました。
これからパピヨンを飼おうと思われているかたの参考になればと思います。
copyright(c)2003 fancy free allright reserved